中国語をピンイン入力するためのキーボード設定方法(Mac OS X El Capitan)

apple-1282286_640 Mac OS X El Capitanで中国語を入力する方法を解説します。 以前のバージョンについての記事はいくつか見つけたのですが、El Capitanでは少し変わっているようなので書いておこうと思います。

ピンインキーボード設定方法

DockまたはLaunchpadからシステム環境設定を開き、 「システム環境設定」> 「キーボード」> 「入力ソース」と進んでいきます。 system-preferences keyboard input-source-01 左下の「+」ボタンをクリックします。 input-source-02 左側の言語一覧から「簡体中国語」または「繁体中国語」を選びます。 右側に入力方式がいくつか出てくるので、「拼音」を選び、右下の「追加」ボタンを押します。 ※学び始めの人のために補足しておくと、「拼音」がピンイン(pīnyīn)です。 input-source-pinyin メニューバー右上のキーボードアイコン(「あ」や「A」などのアイコン)をクリックすると、「拼音」が選べるようになっているはずです。 menubar-lang または、「control」を長押ししながら「スペースキー」を押すことでも入力方法が切り替えられます。 command-space

入力・変換方法

基本的に、声調を意識せずに入力しても、変換することができます。 たとえば、「woaini」と続けて入力すると、次のように変換候補が出てきます。 woaini 十字キーの「↓」または「[」でさらに下の変換候補を選ぶことができます。 down-or-[ 「タブ(tab)」キーを押していくと、声調別で変換候補を表示させることもできます。 4tones_00_trim 4tones_01_trim 4tones_02_trim 4tones_03_trim 4tones_04_trim

「ü」の入力方法

「女儿 nǚer」など、「ü」を含む語を入力したい場合、「V」のキーで入力することができます。

「儿」の入力方法

「儿」を入力するには「er」と入力すれば、変換することができます。「哪儿 nǎr」のように他の字の後ろにつく場合、「narr」のように「r」を重ねて入力することでも変換できます。

声調付きアルファベットを入力する方法

漢字ではなく、読み方となる声調付きアルファベット(「ā」「ě」「ǚ」など)については、拼音モードでは入力することができません。もしかしたらできるのかもしれないですが、私がいろいろ試した限りではわかりませんでした。 ただし、「拼音」モードではなく、「ABC Extended」というモードを使えば声調付きアルファベットを入力することができます。 拼音のキーボードを設定したときと同様の手順で、「ABC Extended」を入力ソースに追加します。 abc-extended 声調付きアルファベットを入力するには、まず、「声調記号」を入力し、次に、その下に入る「アルファベット」を入力します。 一声:「¯」 … 「Option(alt)」+「a」 二声:「´」 … 「Option(alt)」+「e」 三声:「ˇ」 … 「Option(alt)」+「v」 四声:「`」 … 「Option(alt)」+「_」 このように声調記号を入力すると半入力状態になるので、そこで「a」「e」「i」「o」「u」を入力すると、声調記号付きの韻母を入力することができます。 4tones-option その他、中国語学習で使いそうな韻母の入力方法を示しておきます。 「ü」 … 「Option + u」+「u」 「ǚ」 … 「Option + v」+「v」 「ê」 … 「Option + 6」+「e」
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント